干潟調査機


干潟には生物生産機能に加えて、生物生息、水質浄化、親水、景観などの機能があります。近年、このような 機能を持つ干潟に注目が集まり、人工的に干潟を造る動きが活発化しています。しかしながら、人工干潟は波、流れの 作用で地形変化や底質変化を起こし易く、また、生物相は遷移します。
干潟・浅場を望ましい環境に維持するために、干潟造成の事前・事後のモニタリングの実施と、この情報の利用を周知 させることが大切です。

従来の干潟の調査手法は(1)満潮時に船で底質を調べるか、(2)干潮時に機材を担ぎ歩いて行くしかありませんでした。
まず、

  • 満潮時に船で底質を調査する場合は、船に上げてくる過程で海水にさらされ、化学的データの信頼性が低くなる
  • 干潮時に歩いて行く場合は、歩ける場所が限定され”動けなくなる”ことがあり危険であることに加え、持っていける機材の量が 限定されることでデータが限定される

そこで、干潟・浅場内を自由に走行し作業効率と解析精度の向上を目的として、干潟調査機による調査システムを開発しました。

sonehigata kitai
干潟の様子 開発した干潟調査機

 

本調査機を用いることによって、今まで出来なかった調査が可能になり様々なデータを取得できるように なります。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です