基準点(TS, GNSS)測量

基準点測量とは、測量の基準となる点の位置(座標及び高さ)を定める非常に重要度の高い測量であり、地形測量から応用測量に至るまで多岐にわたって関係しています。
また、これらは測量の基礎あるいは骨格となる作業であるために高い精度を求められています。最近では人工衛星からの情報で点の位置を求めるGNSS測量が主流となっています。

弊社は、1級GNSS測量機を使用したスタティック測量やRTK測量に対応しております。
また、仮想基準局によるVRS-RTK-GPS測量による基準点測量にも対応可能です。

~ 電子基準点を利用した新しいGNSS測量 ~
従来のGNSS測量(RTK, スタティック)と比較しても、高い精度はそのままに計測時間、計測コストともに大幅に削減できます。

■VRS
VRSは仮想基準点方式と呼ばれ、複数の電子基準点の観測データーから、 測量現場のごく近傍にあたかも基準点があるかのような状態を作り出す技術です。 RTK-GPS受信機一台で高精度な測量を行うことができます。
電子基準点は、国土地理院より提供されていおり、この情報を利用することにより、 測量データの誤差を補正し、高精度な位置情報を取得できる仕組みです。 作業員は、現在の位置を計測し、これをVRSデータセンターへ携帯電話を通じて送信します。 VRSデータセンターでは、これを元に作業員の近くに目に見えない「仮想基準点」を設置します。 「仮想基準点」が設定された後は、作業員は移動局として単独で計測を行っていく事ができます。

■GPS測位における誤差要因
GPS測位を行う場合、衛星からの信号は地上の受信機に届くまでに、自然条件(対流圏・電離層)の影響や 衛星自体(時間同期・軌道誤差)の問題により「遅れ」や「乱れ」が生じ、地上での観測データに「誤差」が発生 します。

■VRSによる誤差補正の概略
VRSは、このような誤差を補正するための方式です。電子基準点の座標は、GPS基準点測量で、十分な解析 の元、正確に求められています。一方、様々な誤差要因により、通常、リアルタイムで取得した電子基準点の 座標値は、電子基準点の正規座標値と若干食い違います。
VRSは、電子基準点で取得しているリアルタイムデータと正規座標値とを24時間比較解析し、その誤差を解消した 補正データの送信を行なうシステムです。
リアルタイムデータ対応の電子基準点に囲まれたエリア内であれば、携帯電話網を使って、全国どこの現場でも、 補正データのサービスをご提供することが可能です(携帯電話網の中である必要があります)。

 

  IMG_0891
 IMG_0828
トータルステーションによる基準点測量 GNSSよる基準点測量
Print Friendly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です