磁気探査,潜水探査

磁気探査とは、海中にセンサー(感知器)を沈めて、船で移動しながら鉄類などがある場所を探すこと をいいます。 鉄類は磁気類とか帯磁物、それが見つかった時点では磁気異常点と呼ばれますが、この時点ではその磁気物がどんな物か分かりません。

そこで、潜水士が実際に潜って確認するのが潜水探査です。
こういった一連の作業を繰り返して行い、爆発物が発見された場合は自衛隊によって撤去される事になっています。
大抵は鉄クズやワイヤーなどですが、工事を安全に行うためには、大変な作業なのです。

sea11 sensuitansa

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です