ブースティングによる機械学習に基づく海底物体の検出

丹 康弘, タン ジュークイ, 金 亨燮, 石川 聖二, ” ブースティングによる機械学習に基づく海底物体の検出”, 日本船舶海洋工学会, Vol. 18, pp. 115-121, 2013.

サイドスキャンソナー画像を用いた海底物体の検出をk-meansクラスタリングに基づき.従来法より少数のHaar型特徴を用いて物体検出を行う手法を提案する.提案手法により,65msec-90msecと従来に比べ海底物体の高速検出を実現した.

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です