現況測量(3次元レーザースキャナー)i-Construction対応

現況測量

現況測量とは現地に存在する地物(建物やブロック塀、縁石、電柱や道路等)を測り、それらの位置関係を示した平面図を作成する測量です。
最近では自動追尾式トータルステーションと全方向プリズムを取り入れることにより、ワンマンでの測量も可能になっています。

地上レーザースキャナー測量(i-Construction対応)

TOPCON 3次元レーザースキャナ「GTL-1000」は非接触で地形や構造物の3Dデータを取得可能な計測機器です。
従来測量における単点での測量と違い、1秒間に数万点の点情報を高速かつ高精度に取得できるため、対象物を面的に計測できます。
計測したデータは平面・縦横断図等の図化や、3Dモデリング、各種施設の新設・リニューアルや維持管理の検討のための資料など、様々な用途に対応する基盤データとして利用出来ます。

i-Constructionのガイドラインに対応した測量も実施可能です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です